<< 原因と症状へ

月経困難症の西洋医学的治療

 
痛 み物質であるプロスタグランディンをおさえる、いわゆる痛み止め(抗プロスタグランディン剤)がよくつかわれます。(商品名、ポンタール、インダシン、ナ イキサン、ブルフェン、ボルタレンなど)これらの薬は、解熱作用や排卵をおさえる作用があり、短期の使用はやむをえないとしても、長期間、または多量にの むことはおすすめできません。 
 ピルも最近では、月経痛に効く生活改善薬と称して、ピルをすす める医師たちにより宣伝されています。わたしはこの考えに賛成できません。くわしい科学 的理由は“ピルの危険なはなし”をお読みいただきたいのですが、月経期間のいたみをとることのため、一ヶ月まるまる化学薬品にからだやこころを委ねてしま うことに疑問があるからです。女性は月経周期とともに、免疫力や感性も微妙に変化しています。この変化をたのしむことが女性の特権であり、女性の健康のみ なもとになりうるのです。この権利を放棄することが、ピルをのむことです。排卵をおさえるピルによる月経(もどき)は病的な出血であり、だからこそ出血量 もすくなく、痛み物質プロスタグランディンの量もすくないのです。
 ほんとうの治療は、排卵のある月経がきちんと来て、しかも痛ま ないということです。




漢方医学の考え方

  漢方医学では、月経困難(月経痛)は、からだ全体の機能の異常が、たまたま、月経異常というかたちをとってあらわれているとかんがえています。ですか ら、治療の目標は、からだ全体を健康にするということです。からだが健康になれば、月経はきちんとやってきて、しかも痛まないのです。
(この考え方からす ると、ピルをのんで
月経を病的な無排卵状態にしたり、ダナ ゾ−ルやスプレキュァなど で月経をとめたり痛みどめを飲み続けるなどというのは、治療と はいえず、新しい病気をつくっているといえるのです。)



 漢方の診断法 薬はオーダーメイド

漢方医学では、月経痛が月経周期のどの時期におこるか、痛みの性 質、月経血の量、血液の 色、おなかをさすられるのを好むかどうか、むくむかどうか、暖めると痛みが軽くなるかどうか、おなかが張る感じや腸内のガスなどを総合して診断し、薬をき めます。ほっそりしているか、がっちりしているかというからだつきの特徴やはだの色も重要なきめてです。(漢方のことばでは、気、血、水の虚実、鬱滞など によっていいあらわされます。これについては 章で説明しています。)また、おなじ人でも時期によって状態がことなり、それによって薬が変化します。
 ですから、漢方では、くすりはいわばオーダーメイドで、そのひ とに応じ、また、その時期に応じた処方が必要です。ここでは、わたしのクリニックでよく 使う二三の処方をあげることにします。でも、できるだけ受診してください。そうして、あなたにあったを一緒にみつけましょう。


痛みをなんとかしたい

 月経痛でこられるかたの大部分は、次の月経のときに、あの痛みをどう避けようと悩んでおられるかたです。そこで、次の月経がもうすぐくるときには、なる べく即効性のある、痛みをとめる作用のつよいくすりをおだしします。




安中散と疎経活血湯

  これらのくすりを痛みがはじまる少し前から飲むことをおすすめしています。これらのくすりは、根本的なからだの改善より、どちらかというと痛みどめの作用 を重視して処方しています。それでも、たとえば安中散は、痛みどめの作用のほか、弱いながら、からだをあたためる作用もあります。疎経活血湯も痛みをとめ る作用が主なのですが、血管をひろげ、血流をよくし、からだの組織のあいだにたまった水分を取り去る作用やからだをあたためる作用があります。貧血をなお し、消化管の働きを助ける作用をもつ生薬もふくまれています。
 このなかでみなさんにもおなじみの生薬は、安中散では、桂皮 (ニッキ)、ウイキョウ、良姜(生姜のなかま)でいずれもからだをあたためます。疎経活血 湯のなかではあたため、むくみをとる生薬でみなさんにおなじみのものはないのですが、女性の自律神経や内分泌系のトラブル(冷え、月経不順、産後あるいは 流産後の回復など)によく使われる四物湯という薬の成分(川キュウ、トウキ、芍薬、地黄)がすべてふくまれています。そのほか、血液をきれいにする作用を もつ桃仁(桃の種にある仁)や、胃の調子をととのえる生姜がはいっています。ふらつき、めまい、ふるえ、けいれん、頭痛、しびれをおさえ痛みをとめるリン ドウの根が、疎経活血湯には、また、おなじ作用をもつ牡蛎(かきの殻)が安中散には、はいっています。   


痛いとき、いろいろな漢方薬とあわせてつかうのは、 芍薬とカンゾウです。

 芍薬とカンゾウ(甘草)をあわせたものを芍薬甘草湯といって、筋肉のけいれんをとめて、痛みをとめます。このばあいの芍薬は白芍薬で痛みをとめる作用 のほか、血液を造る作用(補血作用)があります。カンゾウはその甘さを利用して、醤油などの食品添加物としてもつかわれています。なまのカンゾウではな く、炒ったカンゾウ(シャカンゾウ)が、芍薬甘草湯の構成成分であるはずなのですが、エキス剤の芍薬甘草湯では、生のカンゾウがつかわれています。この組 み合わせでも痛みどめには、ききますが、シャカンゾウのほうが、白芍薬の吸収を助け、ぜんたいとして、月経困難のいたみにはすぐれた効果があるのです。で すから、エキス剤の芍薬甘草湯のくすりのききめがもうひとつというとき、自分でつくってみるのもおすすめです。

 
じぶんでできるいくつかの方法

ここですこし寄り道をして、比較的かんた んに手に入る生薬やハーブを紹介しましょう。


芍薬甘草湯のつくりかた
 中華料理の食材のお店で、芍薬とカンゾウを買いましょう。生の カンゾウはフライパンで弱火で焦がさないように炒ってください。6グラムずつ、600ミリリットルの水にいれて、半分になるまで、煮つめましょう。あと、茶漉しでこしてのん でください。


ハーブ
 
サフランのめしべ
ちょっと高価なものですが、サフランのめしべを数本カップにい れ、熱湯をそそぎます。お湯が黄色く色付いたら、熱いうちにおのみください。
サフランは、骨盤の血のめぐりをよくし、血液をさらさらにして、 痛みをとめます。

カモミール、ラベンダー
これらは、よく知られているハーブですね。カモミールは、からだ をあたため、また、気分をリラックスさせるはたらきがあります。



もっとかんたんで、たいせつなこと  
月経困難症の治療に有効なのは、まず、からだを冷やす生活を改め ることです。食生活でもからだを冷やす食べ物を出来るだけ、避けることです。じっさいか らだを冷やすせいかつを改めたおかげで、一回漢方薬を出しただけで、救急車で運ばれるほど痛かった月経の痛みを以後かんじることがなくなったというひとも おられます。


足湯のすすめ

月 経で実際に痛いとき、おすすめするのは、足湯(*注)です。バケツとポット(マホウビン)を用意しましょう。やかんにたっぷりお湯をわかし、水を適当にい れて、足がようやくつかるぐらいの温度に調整してください。お湯の量は、くるぶしから指三本あがったところまでつかる位にしてください。お湯がさめてきた ら、ポットのお湯をたしましょう。6分 したらよくふいてください。長い時間かけるより、何回かくりかえすほうが効果的です。あしのくるぶしから三本指上がったところは、三陰交というツボです。 また、あしのうらには、たくさんのツボがあり、あしをあたためることは、からだのはたらきをかっぱつにして、自然治癒力をたかめます。


寝相の観察をしましょう  

 ね ている格好はみられないって?たしかにそのとうりです。でも、おふとんのなかでしばらく、しずかに横になっていると、からだのくせがでてくるものです。月 経痛のある人の場合、無意識にどちらかの脚をすこしおりまげています。腸骨は骨盤のおおきな骨です。腸骨の開きかたの歪みを調整するために、無意識に脚を おりまげているのです。腸骨をさわってみましょう。左右の腸骨の上縁をむすんだところに、第四腰椎があります。そのひとつ上の骨が第三腰椎です。さわって わかりましたか?背骨の中心の突起をさわってみてください。

 むずかしい?ほんとうにね!!


月経痛をなおす体操

いま言ったことがわかれば、この体操はかんたんです。でも、今わからなくても、あきらめないでください。あなたが、ほんのすこし、あなたのからだの言葉に 敏感になれば、わかることですから…。

 あおむけに 寝て、さきほどの寝相をつくってみましょう。片方の脚は、内くるぶしが腸骨からまっすぐに下ろした線の外側になっていますか?息をはきながら、両足を(太 腿もいっしょに)少しもちあげてください。ちからが第三腰椎にかかったら、息を吐ききった瞬間に足先をおとしそのまましばらくじっとしていましょう。月経 のはじまる2日まえにやってみてください。(図 )


かんたんにできるツボのしげき

三陰交
さきほど三陰交のおはなしをしました。三陰交を刺激したり、お灸 をすえたりしてみてください。月経がはじまる45日まえからはじめましょう。三陰交は消化器の経絡、生殖器の経絡、肝の経絡がまじわる場 所であり、からだにとってとても大切なツボです。

湧泉
あしのうらのおやゆびの付け根にふくらみがありますね。ほかの4本のゆびたちの付け根のふちか らずっとたどると、漢字の人の字が描けますね。人の字のふたつの線がまじわるあたりに、このツボがあります。図でみるともっと簡単でしょう?
湧泉は冷えのツボで、ここを刺激すると冷えが改善されるのです。

血海
ひざ小僧の内側、上縁にあります。血液の循環に関係するツボなの で、ここを刺激すると血液のながれがスムースになり、血の鬱滞による月経痛をなおします。気がついたら時々、刺激してください。  

<戻る>