サプリメントより食べ物を!


サプリメントの流行

 健康でいるために 食事が大切であることを話していると、〈食べ物から栄養を十分に摂るのは不可能だから、サプリが必要ですよね?〉と言われる方があります。実際皆さんもそ んな趣旨のキャッチコピーを見たことがあるでしょう。

サプリメントはどこでも食品のように手にはいります。最近のはやりは抗酸化物質です。抗 酸化作用をもつサプリメントとして古くから知られているのはビタミン剤です。抗酸化作用は、ベータカロチン、ビタミンE,ビタミンCなどが知られています。大豆に 含まれるイソフラボンが良いというので、最近は大豆から抽出したイソフラボンが売り出されコンビにやドラッグストアに並んでいます。魚の油に含まれるEPADHCがいいとわかると、魚の油 から抽出したEPADHCのサプリメントもおおはやりになります。こういう風潮にわたしはかねてから疑問を抱いて いました。

ビタミン剤は野菜や 果物の代わりになりうるか?大豆がいいといってイソフラボンの製剤が大豆の代わりになりうるのか?ということです。宣伝をまともに受け取ると、野菜、果 物、大豆、魚から健康に良いものを抜き取ってつくられているので、元のものが持っている効き目をはるかにこえるすばらしい効き目があると思い込まされがち です。

サプリメントに対する疑問のいくつか

疑問の一つはサプリメントにするととり過ぎにならないかということです。野菜や果物、納 豆や黄な粉、豆の煮物や魚をどんなに食べても食べる量は限られています。

次の疑問は、食品の中では、他の物質とお互いに作用をし合いながら存在するのに、単一ま たはいくつかの物質のみから出来ているサプリメントでは、いい作用も強いかわりに、害作用も強いのではないかということです。

もう一つは、サプリメントを作るとき、いろいろな化学物質を加えたり、圧力を加える、熱 を加えるなどの操作が加わるということです。特に製造過程で加えられる化学物質については、製品に何の記載もされません。しかし、製品に微量に残ることも 十分考えられます。こんなものを長期に飲んで大丈夫なのかということです。

抗酸化物質は食べ物から!サプリメントからではな く!

これは、アメリカ心臓協会(AHA)が、昨年、心血管疾患のリスクをへらすために出した 勧告で00す。イソフラボンやEPADHCは、サプリメントとして使われるようになって歴史が浅く、まだ、有効性に対するきちんと した研究はありません。アメリカ心臓協会は、ベータカロチン(ビタミンA前駆体)、ビタミンE、ビタミンCE、これらのカクテルを1年から12年投与したさまざまな調査をしらべて、これらのサプリ メントが心血管疾患の予防に役立つとはいえないとしました。おすすめは、果物や野菜をたくさん摂り、精製しない穀物や豆類、魚、鶏肉や脂肪の少ない肉を食 べることだといいます。

イソフラボンについて は、最近、男性の乳がんとの関係が疑われるという報告があります。また、胎児期や授乳期の摂取が男性生殖器に影響を与えるのではないかと懸念されていま す。


< 戻る>