長崎・五島の「カネミ油症被害を支援する会」への参加が
2007年2月10日の長崎新聞に掲載されました。


-----------著作紹介-----------

○ ピルの危険な話 (東京書籍:2000年3月)

<概要>
吉田由布子氏との共著。
日本ではあまり知られていない副作用の報告や
厚生省の臨床試験の問題点などを明らかにしながら、
環境ホルモンとしてのピルの側面を紹介していく。

               → 東 京書籍の書籍紹介


○ 環境ホルモンとは何か1・2 (藤原書店:1998年4・9月)

<概要>
綿貫礼子氏や松崎早苗氏らとの共著。
環境ホルモンとはどういうものなのか、なぜ注意しなければならない
のか、これまでにどういった問題を引き起こしてきたか、そしてこれから
どういった対策をしていかなければならないのかといったことを対話を
交えて紹介していく。

                 → 藤原書店の書籍紹介(1)
                 → 藤原書店の書籍紹介(2)


○  月刊誌『食品と暮らしの安全』 

<概要>
NPOの「食品と暮らしの安全基金」から毎月発 行される月刊誌
食品と暮らしの安全』の「女医からのアドバイス」の コーナーで
ピルの話や更年期障害、食生活のアドバイスなどを書いています。
(2001年から連載)